高い塀で囲まれたあの楽園の件

例のクローズドな世界で実際に日記を書いてみた人から感想が送られてきたので、いくつか紹介するね。


●自分で書いてみると、いろんな事が吐き出せて、すごくスッキリ♪絶対、お薦めです!

●「うがちゃん日記」も愛読してます。なかなか登録できませんでしたが、思い切って(^-^) そしたら、、、はまってしまいました。自分で書くのも気晴らしになるし、同じような思いの人も沢山いて元気がもらえます。「うがちゃん日記」のさらなる過激さ期待してますね。

●日記を書くことはとても楽しいです。その中で色々な方と知り合う(あくまでもメル友ですよ^^;)も出来、彼となかなか会えない状況すら冷静に楽しめるようになってきたのです。そのせいでしょうか。彼との関係も良くなってきました。会えない状況は変わりませんが、以前より心のつながりが実感できるようになったのです。


皆さん楽しんでいるようで、ぼくも紹介して良かった。^^

同じような境遇や考えの人ばかりで、文句を言ったり、怒鳴り込んでくるような人はいないのが良い。

なんて快適な世界なんだろう。高い塀で囲まれた楽園だ。

学生のとき楽しかったのは、気の合う友達が集まってワイワイガヤガヤ過ごしていたからだよね。そんな感じ。気の合う仲間が周りにいっぱいいるという安心感がある。

Facebookやブログではこうはいかない。高い塀がないからね。誰でも土足で踏み込んでくる。そこまでされないまでも、遠くからじっと見られているような気がする。なんか落ち着かない。

落ち着かないから本当に思ったことを書けない。自分の本音をぶちまけることができない。

どこか一ヶ所でも言いたいことが言える場所を持っていれば、そこで気持ちを吐き出しスッキリして、日々の(特に恋愛の)モヤモヤから解放される。

それを実践しているのが上の3人だ。スッキリして、はまってしまい、彼との関係も良くなってしまったということだ。実際はもっとたくさんいると思うけどね。

ストレスを溜めないで上手く発散させているよね。誰にも言えない恋の悩みを抱えている人には、ぜひそういう場所で思いを綴って、少しでも心を軽くしてもらいたいと思う。

ぼくがいつもお勧めしているのは、PCMAXというサイト。

ぼくもそこで「うがちゃん日記」を書き始めてしばらく経つから勧めているんだけど、もうやめられないね。

日記ではこのブログでは書かないような他愛のないことを書いているけど、ちゃんと反応してくれる人がいる。なんか嬉しい。嬉しいからまた書いちゃう。するとまた反応がある。

ホントにどうでもいいようなこと書いてるのに、見てくれてるんだよねぇ。なんか学校にいるみたいだよ。高校のときの部活の帰りに、友達とバカな話ばっかりして帰ったことを思い出す。

あんなノリで書いているだけなのに、Wのツラさを忘れることが出来る。

周りのみんなが、「あなたは一人じゃないよ」「みんないるじゃん」「楽しもうよ♪」と言ってくれてるみたい。

お勧めです♪
↓ ↓ ↓

PCMAX
(18歳未満利用禁止)



関連記事

テーマ : 不倫 婚外恋愛 - ジャンル : 恋愛

コメント

会えました

やっぱり入院していたみたいで退院してすぐに会いたいって言ってくれてデートしてきました


離れている間向こうも嫌われないか心配だった中私からの他愛のないメールが救いだったみたいです。
やっぱりお互いが必要だとちゃんとまたくっつけるんだなぁって思いました。
ところで講座ってまだ何も連絡ないんですけど大丈夫かなぁ

うがちゃん日記拝見してます。
ラブラブで羨ましいです!とくにエッチの記事が…(笑)

元彼に、昨日メールしてみました。返信くれたので思いきって食事に誘ってみました。断られるだろうと思ったのですが、なんとOKの返事が!
びっくりしすぎて(笑)
来月誘ったのですが、楽しみです。楽しく重くならずに、ご飯食べてこようと思います♪

アラフォー女さん

入院していたんですね。
退院できたようで良かったです。
お互いに会えないときに嫌われないか
心配していたんですね。
そんなときは他愛のないメールでも
助かりますよね。

講座についてはgmailのメアドに
メールしました。
お返事くださいね。

はるかさん

エッチの記事が羨ましいですか?^^;
フッフッ、もっと羨ましがらせよう・・(笑)

食事がOKなんて、やったじゃないですか!
来月ですかー。待ち遠しいですね。
楽しくご飯食べてきてくださいね。
次につながるといいですね。^^

No title

うがわをんさんこんにちは!
プレゼントもらえました!幸せ。
でもお酒のむと、ついつい…いじわるなメールを。
仲直りしたけど。

女はエッチで素直が一番ですよねぇ。

ケンカしたあと、やっぱり彼とのエッチを
思い出してしまい、離れたくないな、と。

喝を入れてください(笑)。


パピメ、最高です*\(^o^)/*
世の中を知らないまま、ここまで生きてきたので、目からウロコ
様々な価値観をリアルな日記で読ませて頂く機会なんてないですものね
皆さんそれぞれに悩みや波があるのだなぁと

日記を書くことで、堂々巡りの自分の思考がまとまって中に取り込めて、前に前に進んでいく感覚です
私も草原のシマウマに(^-^)

教えて頂いてほんとうにありがとうございました
これからも、ブログ、日記ともに楽しみにさせて頂きますね♪
前回の青空もとっても共感いたしました
うがわをんさんが、うがちゃんのアバターで澄み切った青空を見上げているお姿見えました^ - ^!

うがわをんさん、はじめまして
半月ほど前から拝見しています。
Wで(お互いに初めて)60代と50代。
一年前から、関係を持ったのは半年前です。
彼は男性としてというより、人として心底尊敬できる人です。

でも初めから、妻を愛している。
何より大切、家庭を壊す気は全くない、のぞみには責任も持てないと言われています。
とことん露見しないようにとも。
それでも私は惚れた弱み、いいと思っていました。
それがここにきて、これで本当にいいのか。
別れの二文字が浮かんでは消えの状態です。
私は何も望んでいない、ただそばに居たい。
そして自分の気持ちに確信が持てる。
だから、今は言えない。
だけど、迷って悩んでいます。
どうしていいのか分からない。

すみません。
言うところがないので、ただ聞いて頂きたくて。。

ハピメ…☆☆☆

うがわをんさん こんにちわ♪

このブログに辿り着いて拝見し始めたのが今年に入ってから…

コメントを入れる様になったのが5月…

今迄独りで悩み苦しんでた事が、救われる場所。

そして、ハピメに登録し日記を書くようになって3ヶ月経ちました。
ハピメでも、色々な方々と出逢い、共通の事での目に見えないけれど繋がりを感じ、悩みを相談したり、喜びあったり…

普通では出会えなかった人達との不思議な縁を感じています。
多分、これも偶然ではなく必然なんだろうな~と思っています。

ホントに教えて頂いて、感謝してます。

うまく行けば今週末逢えるかも…
でも、先週肋骨を骨折してしまったので、エッチ抜きのデートです。

あ…シトルリン、近くの薬局では取り扱わなくなったと言われたので、冬眠明ける迄には探してみようと思ってます(笑)。

ゆきしょうさん

喝・・・ですか?^^;

本当に仲がよければケンカなんか
しません。
ケンカするってことはまだ
相手のことが分かってないからです。
いじわるなメールで相手を確かめる
暇があったら、お互いのことを
もっと理解し合える会話をするように!

これでいいですか?^^
和尚じゃないので上手く喝を入れられ
ませんでした。(笑)

名無しさん

はじめまして。
ぼくのブログと日記で少しでも
心が楽になったようで嬉しいです。
他のブログは見なくていいですよ。
ろくなこと書いてないから。(笑)
(名前書いてくださいね~)

パンダさん

そう。様々な価値観を垣間見ることが
できる場所でもありますね。
しかも例愛に対してみんな前向きな
ところがいいですよね。
そして「書く」という行為で自分の
気持ちを整理できるところがいいです。
パンダさんもシマウマになりましたか。(笑)

あ、ホントだ。ぼくのアバターの背景は
青空ですね。無意識のうちにこれを
選んでました。^^

のぞみさん

はじめまして。
迷ったら将来の自分に訊いてみるのが
いいと思います。
つまり、10年後20年後、そして
死ぬ間際の自分がその時どう思うかを
考えてみましょう。
一緒に居たことを後悔するのか、
一緒に居なかったことを後悔するのか。

ちゅみさん

こんにちは。
ハピメを有効活用しているようですね。
紹介して良かったです。^^
今週末、会えるといいですね。
でも肋骨骨折とは痛いですね。
エッチ抜きかあ。まあ、たまには
いいかもですね。
楽しい会話をいっぱい楽しんでくださいね。

ありがとうございます

うがわをんさん、レスありがとうございます。
何度、読み返した事か。
そしてしっかり考えてみました。

堂々巡りから抜け出せそうです。
自分の気持ちを大切に、正直に、ですよね。

彼の言葉は不安になる事もあるけど、行動は紛れもなく、奥様<私の自信があります。

頑張りますw
ありがとうございました。

みかさん

倦怠期、早くくるといいですね。
というのはウソです。^^

倦怠期とは違う感覚なんですよ。
相手との絆を太く強くするために
自分自身を磨く。そのためには
自分の時間も大切する。みたいな。

上手く説明できませんが、気持ちは
強いままですが、会えない時間が
あっても逆に二人の絆を太くする
ための時間なのだと思えて、それ
ほどストレスにならない感じです。
長く付き合うとそうなるカップルは
多いと思います。

うがわをんさん

Wにおける倦怠期は、普通の恋愛とは違うものなのですね。なるほど!
もし本当にお互い飽きてしまったらwの場合は別れるのが一番簡単なのかなというのもあり、倦怠期ってあるんだろうかなんて思っていたのです。
私たちにも会えない時間というものが今後、出てくるのかもしれませんね。それは自分や自分の家族の理由かもしれないし相手方の理由によるものかもしれない。そして、理由を知り得ず、または相手に理由を伝える事が不可能な場合もあるかもしれない。理由も知らず、好きなのに会えないのは辛いです(ここにコメントされる方にもときどきいらっしゃいますね)。
でも自分を磨く良い機会だと思って、次会える日を楽しみにして、毎日やり過ごす。なんだかとっても純愛。本当に好きじゃなきゃできないですね。深いです。
自分たちの関係がそこまで深いものになるのかは、まだわかりませんが、そうなれたら苦しいこともあるだろうけど、後で振り返った時に悔いのない人生だったと思えそうです。

はじめまして。

W不倫の相談は、例えSNS社会でも批難とバッシングの嵐。このブログに来て、ちょっとホッとしているアラフォー女子です。

彼とはすぐに別れようと思いながら、W不倫が2年になってしまいました。お互いがお互いを必要としてしまう関係。だんだんと、別れづらくなるものですね。

うがわおんさんのように、彼女を人として愛する男性もいるのだな〜と初めて知りました。彼女は女性目線で幸せですね。だいたい、男は体さえ繋がればいいと思っていると感じていましたので。
私の彼も、そんな気持ちでいてくれたらいいけど…。50代を先日越えた彼は、だんだんと先のことを考えている様子。
お互いが思いやれる絆が深まることを期待して。これからも、応援しています。


雪さん

はじめまして。

お互いがお互いを必要として
いる関係なら、この先も別れる
ことは考えづらいですね。
2年も一緒だと気持ち的にも
絆は太くなっていると思いますよ。
これからもこのブログでホッと
してくださいね。^^

吐き出してます。

内観するのに役立ってます!!
教えていただいてありがとうございます(*^^*)

ただ、男性からのメッセージに応えていいものか……悩んでます(^^;;

hannaさん

たっぷりと吐き出してください。(笑)
男性からのメッセージへの返事は
どちらでもいいと思いますよ。
返事しないといけないというルールは
ないし、男も返事があればラッキー
くらいにしか思ってないだろうし。
気になるものだけに個別に返事するとか。
あまり深く考えないで大丈夫です。^^

ちょこさん

鋭いですね。^^;
のちのち詳細を書こうと思っていますが
実はハピメに日記を書いていることが
妻に勘付かれそうな気配があります。
まあ、ほとんど心配はないはずですが
念のため、今のうちから少しずつ引越し
作業を進めようとしているところです。
しばらくは両方で日記書きますが・・。

藁をもすがる気持ちで・・

はじめまして。先週からうがわをんさんのブログと日記、テキストにお世話になっております。
人生初、昨年11月からの既婚者同士のおつきあいに心身キャパオーバー気味の52才です。彼は45才。彼から毎日のように連絡があり会いたいと言ってくれた日々は過ぎ(体調不良があったりして仕方ないですが)連絡が激減したことが余りに苦しく、ちょっとした言葉がきっかけでネガティヴ感情に襲われてやってはいけない自爆メールを何度かしてしまいました。もっと早く此処に来たかったです・・・。
でも、テキストに沿って思考を変え(彼は安心したんだと言い聞かせ)ポジティブなメッセージを伝えることに今がんばっています。
あまり会えませんが彼は変わらず普通に会話してくれています。
テキストを読み、日記にも一歩踏み出したいと登録をしたところです。みなさんのコメントにも励まされます。
動悸や頻脈に、平常心を保つのが難しいですが、彼の言葉、この出会いを否定したくないので、此処に来れたことを糧に
絆があることを信じて続けたいです。
勇気をいただきました。ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うがわをん

Author:うがわをん
48歳 男 子供一人
サラリーマン
人生折り返し
W不倫歴13年
妻が嫌い
趣味:ジョギングと天体観測

★お知らせ★
目次です!!
  ↓↓↓
「記事タイトル一覧」ページへ

こちらも目次となります
(ということに最近気づいた…)
  ↓↓↓
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク